Event is FINISHED

バイラル動画2.0〜バイラルメディアは動画マーケティングをどう変えていくのか?

Description
2005年2月、YouTube設立。同年4月に初めての動画がYouTubeに投稿されました。

それから2年。日本国内家庭からのYouTube利用者は爆発的に増え、2007年3月に1000万人を突破。

ほぼ時を同じくしてプレオープン状態だった「ニコニコ動画」がβ版に移行し、それらの動画プラットフォーマーの躍進に引きづられるように第一次バイラル動画」ブームが勃発しました。

多くの刺激的な動画がユーザーから投稿され、多くの企業が「面白い動画を作ってくれ」「バイラルされる動画ってどんなもの?」と代理店にオリエンすることが多くなりました。

しかし当時はTwitterもfacebookもない時代(正確には浸透していない時代)。

動画を視聴させる手法は「シーディング(種まき)」と言われ、数多くの施策が考案されました・・・が、接触環境的にも通信環境的にも動画マーケティングはウェブマーケティングの中核を担うまでになることはありませんでした


それから数年。

Twitterやfacebookなどのソーシャルメディアが当たり前のように普及・浸透し、モバイルにおける動画視聴環境も整備されました。それらの環境を最大限活用するバイラルメディアというメディア主体がトラフィックを集め、そのバイラルメディアの主力コンテンツが動画である、という環境が出来上がりました。


まさにバイラル動画2.0、改めてバイラルメディアなどの環境を加味した上で動画マーケティングを考えていく必要が出てきていると考えています。

そこで今回はウェブ動画を作り続けてきた動画制作会社モバーシャル、近年勢いのあるバイラルメディアの中でも注目株のCuRAZY、そして放送作家として有名な「鈴木おさむ」氏率いる渋谷クリップクリエイトの3社に登壇頂き、その可能性を探ってまいります。

動画の活用に悩んでいる企業担当者、または広告関連企業の方、ぜひご参加ください。



====イベント概要====

▼日時
2014年9月26日(金)19:30開場、20:00開始~21:30終了

▼場所
渋谷マークシティウエスト13F セミナールームA・B
東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
http://www.cyberagent.co.jp/corporate/access/

▼チケット
無料

▼登壇者
■川合 泰祐氏(株式会社モバーシャル取締役)
Montana State University 卒業。マーケティング学士号取得。アメリカでの大学在学中から貿易ビジネスを興す。卒業と同時に帰国し、独立系の投資会社に入社。ハンズオン型によるベンチャー企業の育成・経営支援に従事。2007年、代表の竹内とモバーシャルを設立。 デジタル動画黎明期からデジタル動画の可能性を模索しながら制作し続け、会社として累計10,000本以上のデジタル動画制作の実績があります。

■桑野俊一氏(株式会社渋谷クリップクリエイト代表取締役)
2010年、株式会社サイバーエージェントに入社。
Ameba事業本部にて、約4年間プロデューサー、事業責任者に従事。
担当したサービスは、アメーバピグやガールフレンド(仮)など。
2014年から、バイラル動画の企画・制作の専門会社、
渋谷クリップクリエイトの立ち上げを行い、只今立ち上げ真っ最中。

■伊藤 新之介氏(CuRAZY、株式会社LAUGH TECH代表取締役)

■渡邊大介(モデレーター、サイバーエージェントビジネス事業部責任者)

======

皆様のご来場おまちしております!


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-09-24 04:30:38
More updates
Fri Sep 26, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷マークシティ13階
Tickets
無料
Venue Address
東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号 渋谷マークシティウェスト 13階
株式会社サイバーエージェント
セミナールーム Japan
Organizer
SHAKE100(シェイクハンドレッド)
1,627 Followers